多重債務・債務整理

 「借りたお金は必ずキチンと返す」というのは社会の大原則です。

消費者金融などからの借金で困っていませんか?

最初はお手軽にお金を借りたつもりが、返済のために次々と借金を繰り返してしまったなど、様々な理由により多額のお金を、複数の貸金業者から借金をしてしまい、その返済が困難になってしまうと、自分の首を絞めることになります。注意しないと大変危険です。

ローンを借りすぎや使いすぎに注意するとともに、自らの収入で返済しきれないほどの借金を抱えてしまっても借金返済にローンを絶対利用しないことが大切です。

ぎりぎりの生活のところまで頑張って、ある人はできるだけ収入を増やすために仕事を2つ、3つと掛け持ちしたり、また食費を月額数千円まで減らして、なんとか返済を続けている方も多いと聞きます。

日常生活が苦しくなるほどの借金になってしまい、厳しい取立てや催促の電話や手紙などに恐怖感を覚え、多重債務を苦にして、自殺や家出、夜逃げをしている多重債務者も少なくありません。


返済しきれない借金を抱え、毎月の利息分すら払えない状況になってしまった時には、一人で悩まないで、弁護士や認定司法書士に相談に行きましょう。
悩んでいる方々の相談、経済的に余裕のない方には無料の法律相談をしている所もあります。
任意整理、自己破産などの方法で借金問題は必ず解決できます。債務整理、自己破産は人生の再スタートさせる法律で認められた手続きです。

また、債務整理の方法は自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などいろいろな種類があります。

弁護士や認定司法書士に依頼すると現状抱えている借金を減額できたり、場合によっては借金がなくなりさらに「今までに払いすぎた利息(過払い金)」が戻ってくる場合もあります。


ご自身で過払い金請求や任意整理のメリットとデメリットをしっかりと理解しておく事が大事です。

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、一定期間借り入れが制限されてしまうというデメリットがあります。
借金の問題は専門の知識を持っている人でも難しいといわれていますので、気軽に弁護士や認定司法書士の所に相談してみるのをオススメします。


借金をスッキリ整理して落ち着いた生活を取り戻し新しい生活を初めましょう。

ただし、自己破産をすると、目立った財産は失うことになってしまいます。


●自己破産でも借りれる?
生活を立て直し再度ローンを利用しようと考えてる方もいてると思います。どこからもお金を借りられないというイメージがありますが、過去に自己破産している人でもキャッシングができないという法律はありません。闇金以外でも安心・安全なところで一定期間が過ぎていると自己破産してもキャッシングができるようですが、自己破産者に貸してくれるところなんてろくなところではないですし、再度同じ過ちを繰り返してしまうかも知れませんので新たなローンは控えておく方がいいでしょう。
キャッシングは便利さ故についつい癖になってしまうかも知れませんが、お金が無いから借りるという発想を捨てましょう。アルバイトなり職を見つけて、難局を乗り越えましょう。

もしも、どうしてもやむを得ない事情で借りる場合は計画的な利用を心がけるようにしましょう。

※自己破産申請中の方は借り入れができません。


●任意整理?
裁判所での手続きをとらずに債権者との直接交渉を行い、支払額の減免の交渉をし利息や借金を減らして貰うことで借金問題を解決する方法のことです。

●特定調停?
特定調停はご自身で債権者との直接交渉を行うときに利用します、裁判所が債権者との間に入り調停委員と呼ばれる2名以上の弁護士が借金について合意できるようにサポートに就いてくれます。

●民事再生、個人再生?
裁判所に申し立てをし、借金(ただし、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下)を抱えた個人でも、この先も継続的に収入が見込める方が条件に、収入から借金の一部の額を分割弁済(原則3年間)で支払うことにより、残額の支払の免除を受けることができます。

●連帯保証人?
もし自己破産を行ったら、自己破産をした人の借金はなくなりますが、なくなった筈の借金は、お金を借りた人が返せなかったら、そのまま丸ごと連帯保証人に請求がくることになり、代わりに借金を返済しなくてはなりません。

保証人とは違い、債務者と同等の支払い義務が発生します。

どんなに中の良い友人や家族でも、後悔をすることになるかも知れませんので、「必ず迷惑はかけないから」と必死に言われてもむやみに連帯保証人にはならないようにしましょう。金融機関からお金を借りるので連帯保証人になってと頼まれてもきっぱりと断りましょう。

連帯保証人になったばかりに、自己破産をした人の突然借金を背負ってしまい、自分も借金地獄の生活になり、もしも返せなくなると債務整理に追い込まれるかもしれません。

おすすめ消費者金融業者一覧

 目的別に詳細に比較・口コミ

HOME