ダイレクトメール

 身に覚えありませんか?普段使っている携帯やパソコンのメールに無視し続けていても、いつまでも送付をやめない、執拗なダイレクトメールが入ってきたりしませんか?
重要なメールならまだ良いのですが、中には全く身に覚えのない怪しい企業から送られてくるダイレクトメールが多々あり、知らない所から本人に断りもなく、勝手に個人情報を集めて営利目的のために、ところ構わずに送ってくるので、直接的もしくは間接的に社会問題化しています。
ジャンクメール・スパムメールは、一人でも利用するのを期待して広告・宣伝・勧誘・詐欺目的で無差別に勝手に送りつけられる、いわゆる「迷惑メール」のひとつでインターネット上では、無差別に送信されるためSPAMメール」とも呼ばれていて、多くの人にとって悩みの種となってます。
郵送よりメールのほうが費用もかからず大量に送ることができるため、悪用されるケースが多く迷惑メールはいつまでたってもなくなりません、差出人も詐称されており、迷惑メール対策は大変頭の痛い問題です。
迷惑メール対策は、一番良い方法は新しいアドレスに変更をすることですが、なかなか変更をする事ができない方もいてると思います。受け取りたくないメールをあらかじめ条件設定しフィルタ機能をかけ、空請求や詐欺まがいに、巻き込まれてしまうかも知れませんので怪しいURLがDMで送られても絶対にクリックしないように、開封せずに消去するようにしましょう。ウイルス付き迷惑メールの可能性もあります。
たとえ、「送るな!」と言っても、全く効果もなく無視されてひたすら送ってきます…

また、コンピュータウイルスに感染しないようセキュリティソフトを利用して必ず最新の状態にしておきましょう。

違法な金融業者

 違法な金融業者とは、貸金業の営業許可を受けていないのにも関わらず登録番号を詐称したり、有名消費者金融などの商号をそのまま使ってダイレクトメールで勧誘を行ったりしています。
基本的には銀行や大手の消費者金融会社はダイレクトメールで勧誘をやっていませんので覚えておきましょう。

申し込んだ覚えもない、それどころか名前も見たこともない闇金業者など裏の社会はこちらからの返答を待っています。もし、ダイレクトメールが送られて来ても、お金に困っていても興味本意で、こちらからアプローチしてはいけません。相手にしないのが一番です。
ダイレクトメールが送られてくる原因は、かつて利用したことのある金融会社から個人名簿が流出したと考えられます。
名簿屋が持つ多重債務者や“ブラック”などのリストの記載者に送られ、もしも一つ業者からお金を借りると別のサラ金からも融資の勧誘がくるとか聞きます。
低金利ローンの勧誘!融資可能です!ローン組みませんか?など、いかにもうちで借りれるように手配しますと甘い言葉で誘ってきて言葉巧みに手数料など不当な金銭、高額な利子を要求してきますので、差出人を安易に信じてはいけません。メールに記載されていた電話番号にも絶対に電話をしてはいけません。

貸します詐欺!


●闇金とは?
他社で断られた方、自己破産をした人やブラックOK、多重債務者でも、まだまだ借りれます。無担保・低金利で融資をしますと嘘を言って甘い言葉で近づいてきて、実際には法外な利息を請求してきて短期間で元金の10倍、20倍という金額を支払わせようとする悪徳な業者のことです。出資法で定められた年利29.2%を超えた利息で融資することは違法行為となり罰せられることになります。

闇金でお金を借りてもしも、返済が遅れたり、支払いを拒否すると、会社への嫌がらせも行われるようになり、怖い口調の取り立てや、しつこい電話、夜中に家に直接来る、家族や親族にも取り立てなど暴力的な威圧行為で取り立てをしてきます、その結果、毎日毎日働いても返すために借りるの繰り返しとなり借金ばかりが増え精神的に追い詰められ鬱病になったり、最悪な場合には自殺者まで出てしまっています。

また、一度、借りてしまうと個人情報が名簿屋に出回ってしまい、次から次と別の悪質な業者から融資の勧誘がくることとなり、ヤミ金に手を出すと大変な目にあいます。聞き覚えのない業者や、いかにも怪しそうな会社でお金を借りるのはやめておきましょう。

被害にあった人は闇金と知らずに借りてしまった場合もありますが、夜の中には超暴利の闇金と知っていて借りる人もいてるのも事実です。

もし、闇金の被害にあったら借金の悩みは相談をしにくいかもしれませんが勇気を出して1日も早く法律の専門家である司法書士や弁護士に相談をするようにしましょう。公共の相談窓口としては、消費者生活センターまたは国民生活センターがあります。まずはメールや電話でコンタクトを取ってみましょう、相談は無料でしてくれます。

借金解決の道が開けます!そして少しでも早く悪質な取り立てストップさせて下さい。

●090金融
街中の電柱やガードレールなど人目に付くところに貼られている「お金を貸します」「ブラックOK即日融資」などの怪しいチラシ見かけたことはありませんでしょうか?

正規に営業を行うのなら会社の固定電話番号を登録して貸金登録を行わないといけないのですが、チラシに掲載されている携帯番号から080、090金融と呼ばれるようになりました。

実体は無登録の業者で、事務所や店舗を持たないで営業をしており、駐車場や喫茶店などで待ち合わせをしてお金を貸し付ける違法な業者、闇金です。

闇金なので法外な金利と悪質な取り立てをしてきます。一度、関わってしまうと大変なことになりますので、お金に困っても関わらないようにしましょう。間違っても電話をしてはいけません。

詐欺に注意

 息子や家族、警察官、弁護士などを語って、電話をかけてきて、人心事故をした、事業に失敗したから金がいると言葉巧みに騙し心配する心につけ込み、現金を預金口座等に振り込ませる詐欺のことです、振り込み詐欺、オレオレ詐欺などと呼ばれています。

自分は絶対に騙されないと思っていてもいざ、。こういった場面になってしまうと、パニックになってしまい騙されてしまうようです、国内で被害が多発していますので気を付ける必要があります。

最近は、手口が複雑化しており、口座振り込みを指定にしないで、宅配便で現金を送るように指示をする、または現金の受け渡し場所を指定し、息子や孫の友人・会社の上司などを装って、直接現金を受け取るといった手口などが増加しています。

多額の現金をだまし取る極めて悪質な犯罪で、なかなか無くならないのが現状です。少しでも「変だな?」と感じたら、警察に連絡をしましょう。

また、上場予定の将来有望な会社の株があり、将来かならず儲かる何倍にもなるからと言って購入をすすめ、多額の現金をだましとるといった未公開株購入の勧誘詐欺にもご注意ください。

とても親切な説明だったので信用して、購入をしたけれど株券が届かない、購入したけれど業者から全く連絡もないので電話をしてみると、つながらなくなっていた、ケースの被害が多数発生しています。

そんな簡単な儲け話は無いものと思っておきましょう。

おすすめ消費者金融業者一覧

 目的別に詳細に比較・口コミ

HOME